メスを使わずに10歳若返る!大阪サーマクールガイド

イントラジェンとの違いは?

サーマクールの後発品であるイントラジェンについてご説明します。

イントラジェンとは?

イントラジェンとは、2013年3月に登場した新しいマシンで、サーマクールの後発品として認識されています。サーマクールの機能をいくつか排除することで、より多くのクリニックでの導入が可能となったようです。

「切らずに行えるたるみ治療」として人気のあるイントラジェン。治療部位にラジオ波を照射し、熱作用によりコラーゲン繊維を収縮させて肌を引き締めます。治療後3ヶ月はコラーゲンが増えている状態にもなり、継続的な効果が期待できるといわれています。

サーマクールとの違いは?

イントラジェンは、サーマクールにはあったいくつかの機能が削られています。削られた機能とイントラジェンの特徴について考えてみましょう。

冷却する機能…皮膚への熱加減を下げながら治療し、やけどを回避しながら高い熱を照射することができました。

振動する機能…出力を上げることによって生じる痛みを緩和するはたらきがありました。

イントラジェンでは…

冷却機能なし…やけどの可能性が高まるため、サーマクールよりも低い温度で治療することになります。

振動機能なし…出力を上げた場合、サーマクールよりも痛みを感じる可能性が高くなるといえるでしょう。

サーマクールと比べて短所が増えたようにも見えますが、実際には次のような長所もあり魅力的なマシンとして注目されています。

  • マシンの原価が安くなったため、治療費も安く済む
  • 時間制限がなく、何ショットでも照射が可能
  • 使い方の自由度が増し、サーマクールよりも効果アップの可能性あり

気をつけておきたいポイントは?

イントラジェンでは熱加減の調整が必要なため、治療の最中に痛みなどを感じた場合は、遠慮をせずに伝えることが大切です。治療後は赤みが出ることがありますが、1日前後で治まることがほとんどです。やけどとは違うので、間違えないようにしましょう。また、しばらくは日焼けを避けて肌を守ることも大切です。しっかりアフターケアをして、最大限の効果が得られるようにしたいですね。